エムズ歯科コピオで治療予約する

フッ素塗布が変わります

エムズキッズクラブです。

本年よりエムズ歯科のフッ素塗布方法が変わります!
従来のフッ素塗布方法からトレーを使ってフッ素を浸透させる「トレー方」、丸めた綿や綿棒、歯ブラシにフッ化物を浸して塗っていく「歯面塗布方」の二種類になります。

フッ素とは

「フッ素」とは、分かりやすく説明すると「歯の栄養剤」です。
フッ素を歯の表面に塗布すると歯質が強化され、虫歯の原因である酸によって歯が溶けるのを防ぐことが出来ます。
また、酸によって柔らかくなり始めたエナメル質を再び堅くする「再石灰化」という作用も持っています。

フッ素塗布の方法

●トレー法
フッ化物を入れたものを口にくわえて、上顎と下顎に分けて3~4分フッ素を浸透させる方法。

●歯面塗布法
丸めた綿、綿棒、歯ブラシにフッ化物を浸して、1本ずつフッ素を塗る方法です。
短い時間で終わらせることが出来るため、1歳〈乳歯が生えた〉のお子様にも出来ます。

効果

フッ素の働きと使用法

フッ素には大きく3つの働きがあります。この働きにより虫歯予防に効果を発揮します。
①歯を強くする
フッ素が歯に取り込まれ、むし歯に強い(溶けにくい)歯を作ります。
②再石灰化を促進する
自然治癒が可能な初期のむし歯では、治癒を助けることが出来ます。
③むし歯菌を抑制する
フッ素が歯垢(プラーク)に入り、歯を溶かす酸が作られるのを抑制します。

1年に2~4回、フッ素と負を継続することで20%~40%程度のむし歯予防効果があるようです。

注意点

・フッ素を塗った後は30分くらい飲食はしないで下さい。
・「フッ素を塗ったから・・・」と言ってむし歯にならない訳ではありません。
毎日のお子様の歯磨き、仕上げ磨きが大切です。

 

©2015 エムズ歯科コピオ