エムズ歯科コピオで治療予約する

子供の歯のこと

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科

妊娠中のお母さんが特に知っておくべきこと

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科、妊娠中のお母さんが特に知っておくべきこと

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌は存在していません。実は子供の虫歯は親から移ります。食事をしているとき自分が使っている箸で子供に食べ物を与えたり、熱い食べ物をふーふーしたり、子供の口にキスをしたり。これらは子供を育てる上で必要なことなので、完全に止めることはできませんが、ある程度なら虫歯菌が移るのを防ぐことができます。

 

子供の虫歯を防ぐために

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科、子供の虫歯を防ぐために

ミルクを飲ませるとき、ミルクの温度を確かめるために哺乳瓶に口を付け温度を確かめる方がいますが、これはやめましょう。次に離乳食が始まる時期に気をつけていただきたいことは、自分が口をつけた箸やスプーンで食べ物を食べさせないこと。おかゆやすり潰した野菜を食べさせるときは、必ずお子さん専用のスプーンで食べさせてあげてください。この2つのことを気をつけるだけで虫歯菌が移るのを防ぐことができます。

 

3歳までは頑張ってください

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科3歳までは頑張ってください

大人になってから虫歯になりやすいか、なりにくいかは3歳までに決まります。赤ちゃんのお口の中は成長するにつれ、善玉菌を初めとした良い菌や、色々な菌が住み着いていきます。お口の中の菌のバランスは生涯変わることがないので、善玉菌と悪玉菌がバランスよく生存することが望ましいのです。もしここに虫歯菌が住み着くと、虫歯菌は一生お口の中に住み続けます。そのため3歳までは虫歯菌が移らないように頑張ってください。

 

お勧めはマイナス1歳からの予防

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科お勧めはマイナス1歳からの予防

マイナス1歳とはお母さんが妊娠したときから始める予防です。生活環境によって、100%虫歯菌を子供に移さないということが出来ないこともあります。そのため、お母さんのお口の中の状態を健康にすることから始めるのが『マイナス1歳からの予防』です。妊娠中から検診を受けていたお母さんと、検診を受けていなかったお母さんとでは、お子さんの三歳検診のときの虫歯菌の数に大きな差があることが分かっています。

歯が生えはじめたら歯医者に通いましょう

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科歯が生えはじめたら歯医者に通いましょう

お子さんの歯が生えはじめたら歯医者に通うことをお勧めします。お母さんの定期検診はもちろんですが、お子さんの乳歯ケアの方法についてもアドバイスいたします。始めは柔らかい布で優しく拭いてあげるだけで十分ですが、少しずつ濃度の薄いフッ素を塗ってあげることも大切です。フッ素の塗り方や注意点など、衛生士からお教えてさせていただきます。

 

歯医者に慣れることからはじめましょう

エムズ歯科コピオ子供の歯のこと小児歯科歯医者に慣れることからはじめましょう

歯が生えはじめたら歯医者に通う、これは歯医者に慣れてもらうことも目的としています。子供は病院という場所が嫌いです。入り口に来ただけで泣いてしまう子もいるくらいです。そのため歯医者に通うことに小さなうちから慣れさせておくことも重要です。当院には保育士もおりますので、子育てアドバイスもさせていただいております。歯に関することも、子育てに関することも、お気軽にご相談下さい。

 

土日も診療しています

時間/曜日
10:00-13:00
15:00-21:00

:土日の午後診療は15:00~18:00

©2015 エムズ歯科コピオ