エムズ歯科コピオで治療予約する

妊娠中の歯の治療

エムズ歯科コピオ妊娠中の歯の治療

妊娠中は上手に歯磨きができない

エムズ歯科コピオ 妊娠中は上手に歯磨きができない

つわりが辛くて歯磨きができない、味覚が変って今まで使っていた歯磨き粉が使えなくなった、歯磨きすると歯茎から血が出るようになった等、妊娠してから歯磨きのトラブルについて色々なお声を聞いてきました。エムズ歯科コピオでは、妊婦さんのお力になりたい!という思いで、妊娠中の方々の歯磨きサポートを行っています。

 

今まで虫歯がなかった方が虫歯になることも

エムズ歯科コピオ 今まで虫歯がなかった方が虫歯になることも

つわりやホルモンバランスの変化によって、上手に歯磨きできなくなることは辛いことです。妊娠するとお腹だけでなく、お口の中にも色々な影響が出てしまうため、今まで虫歯がなかった方でも妊娠してから虫歯になることもあります。

・つわりが原因で1日の食事回数が増える
・嘔吐感が出るためしっかり歯磨きできない
・ダルさで歯磨きができない
・唾液の性質が変る
・胃酸で歯が溶ける
これらのようなことが原因で虫歯になってしまいます。

 

妊娠性歯肉炎になりやすくなります

エムズ歯科コピオ 妊娠性歯肉炎になりやすくなります

妊娠中期頃は妊娠性歯肉炎になる確率がとても高くなります。つわりで歯磨きできないことが大きな原因となり、歯茎が腫れる、歯茎から出血する、口臭が強くなるなどの症状が出ます。妊娠中は唾液の量が減り、ホルモンバランスも変化するため、歯周病の原因菌が増えることも原因となっています。

 

重度の歯周病になるとお腹の中の赤ちゃんにも影響を与えます

エムズ歯科コピオ 重度の歯周病になるとお腹の中の赤ちゃんにも影響を与えます

重度の歯周病になると、お口の中の炎症性の物質が血液を通って体内に広がります。体内に広がった物質は、子宮を通して赤ちゃんにも吸収されるので、体の中から感染することもあります。更に、体内に広がった物質から子宮の収縮を促す成分が分泌されるため、早産になる可能性も高めてしまいます。早産の可能性は、歯周病になっていない方の7.5倍と言われています。

 

妊娠中の歯磨きについて

エムズ歯科コピオ 妊娠中の歯磨きについて

つわりが辛いときは無理に歯磨きをすることはありません。一日の中で体調のよいタイミングをみて歯磨きしてください。また歯磨きする時は、歯ブラシを変えることも1つの方法です。

・ヘッドの小さい歯ブラシに変える
・歯磨き粉は香料や味の強いものは使用しない
・歯磨き粉に抵抗がある場合は歯磨き粉を使用しない
・歯磨きが辛いときは洗口剤などでうがいをする
これらの対策をするだけでも変わってきます。

 

妊娠中期頃から医院でクリーニングを行いましょう

エムズ歯科コピオ 妊娠中期頃から医院でクリーニングを行いましょう

妊娠から5~8ヵ月頃の中期時期から医院でクリーニングを行うことをお勧めいたします。普段と同じように歯磨きできていた方も、定期検診の時期になってきます。

普段の歯磨きで落とせる汚れは60%と言われています。デンタルフロスでは20%。どうしても毎回、残り20%の磨き残しができてしまうのが現状です。そのため残りの20%の汚れは歯科医院でのクリーニングでキレイにするしかありません。

赤ちゃんの虫歯は親から移ります。これから生まれてくる大切な赤ちゃんとお母さんのお口の中を守るためにも、医院でクリーニングされることをお勧めいたします。

 

土日も診療しています

時間/曜日
10:00-13:00
15:00-21:00

:土日の午後診療は15:00~18:00

©2015 エムズ歯科コピオ